“病女”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
びやうぢよ33.3%
びやうによ33.3%
びょうじょ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“病女”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
信心しん/″\渇仰かつがう善男ぜんなん善女ぜんによ? 病男びやうなん病女びやうぢよわれわれもとける。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
さはあえかなる病女びやうによ
泣菫詩抄 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫(著)
思いなしか、空の色もうるんで、張っている糸の結び目がほぐれたように、不安な月の色は、病女びょうじょうらめしげな、弱った吐息を吹きかけて、力なくぬぐった鏡のように、底気味の悪い、淋しいうちに、厭らしい光りを落していた。
夜の喜び (新字新仮名) / 小川未明(著)