“独武者”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ひとりむしゃ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“独武者”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
爾時そのとき独武者ひとりむしゃステッキをわきばさみ、かぶとを脱いで、
春昼後刻 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
こなたは、盛りは四天王、金札きんさつ打った独武者ひとりむしゃ、羅生門よし、土蜘蛛よし、猅々ひひ、狼ももって来なで、萌黄もえぎ緋縅ひおどし、卯の花縅、小桜を黄に返したる年増交りに
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)