“潮田”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
うしおだ60.0%
うしほだ40.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
中にも堀部安兵衛は、大石と離れてさえ決行しようとしていただけに、明くる朝すぐに発足して、潮田又之丞とともに江戸にせ下った。
四十八人目 (新字新仮名) / 森田草平(著)
それから四日ほど措いて、大石内蔵助以下、潮田又之丞、中村勘助、中村清右衛門、進藤源四郎などの一行は帰ってきた。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
私は命にかけて守り續けたが、何時殺されるともわからない。私が殺された後は、この小判を、罪障消滅の爲、元の主人神樂坂の潮田樣にして頂き度い。
此家嫁入りせぬ以前、まだ小室養女實子つたに、いろ/\の世話をしてれて、種々口々申込んでれた、には海軍潮田といふ立派もあつたし
この子 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)