“月賦”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
げっぷ69.2%
げつぷ30.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「えッ五万円を二十日間に……。そりゃひどい。月賦にしておくんなさい。毎度のことじゃありませんか」
一九五〇年の殺人 (新字新仮名) / 海野十三(著)
そうしますと良人が翌日高利貸の家へ出向いて色々談判した末三百円を月賦で返す事にめて参りました。
食道楽:冬の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
同益社へは卅円月賦かにした二百円借用証文を入れて、それで中坂の店を閉ぢて退転したのです
硯友社の沿革 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
……へたか、いづれ周章てたれであらうが、神田從姉——松本口説いて、名古屋ゆきにてゐた琉球だつて、月賦約束で、その從姉
火の用心の事 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)