“景戒”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
けいかい66.7%
きょうかい33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“景戒”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 心理学 > 超心理学・心霊研究9.1%
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 民間信仰・迷信[俗信]8.0%
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 伝説・民話[昔話]3.3%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
我邦では狐は何でもなかったが、それでも景戒けいかい霊異記れいいきなどには、もはや霊異のものとされていたことが跡づけられる。
魔法修行者 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
記録きろくあらはれたものもほとんく、弘仁年間こうにんねんかん藥師寺やくしじそう景戒けいかいあらはした「日本靈異記にほんれいいき」がもつとふるいものであらう。
妖怪研究 (旧字旧仮名) / 伊東忠太(著)
このついでにいう、『日本霊異記』や『本朝文粋』に景戒きょうかい奝然ちょうねんが自ら羊僧と名のった由見ゆ。