“指懸”の読み方と例文
読み方割合
さしかゝ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
落せしかば誠に勿化の幸ひなりと悦びながら足を早めてる程にて鈴ヶ森へぞ指懸りける斯る所に並木の蔭より中形縮緬の小袖の端折黒繻子にて緋縮緬貞宗短刀
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)