“持山”の読み方と例文
読み方割合
もちやま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
りける時に寶田村の上臺憑司親子四人の者は傳吉が村中に居ざるを喜悦り増長して傳吉が人に預けし田地を書入にして金をへ其上村の持山
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
尋問られしかば憑司はぐつ/\ふる私し少し間違にて村の持山しゆゑ退役いたし其跡にて傳吉儀役人中へ色々に村長と相成しが傳吉段々我儘押領等の筋之有るやにて又私しへ村長を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)