“悪鬼羅刹”のいろいろな読み方と例文
旧字:惡鬼羅刹
読み方割合
あっきらせつ85.7%
あくきらせつ14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
敵たる門徒の人々が憎みるとおり、まさしく彼の行為は、夜叉魔王そのものであり、その姿は悪鬼羅刹というもおろかなほどだった。
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
八万法蔵十二部経中悪鬼羅刹の名前ばかり、矢つぎ早に浴びせたのじゃ。が、船は見る見る遠ざかってしまう。あの女はやはり泣き伏したままじゃ。
俊寛 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
元来オニと申しても、決して悪鬼羅刹の鬼ではなく、もとは山人という位の意味であったでありましょう。