“徒手空拳”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
としゅくうけん83.3%
としゆくうけん16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大いに南をらんといい、自分は徒手空拳をもって、天下の新人を糾合し、時代の革新を策さんといい、大いに笑ったこともあったが
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
徒手空拳とも云い、また孤立無援とも云います。若しも私が健気な少年であったならば、私はいまもっと誇りに満ちた心を示すことも出来得たでしょう。
聖アンデルセン (新字新仮名) / 小山清(著)
然し徒手空拳を以つては、その主意に賛成して呉れるものはあつても、なか/\資本を出して呉れるものがない。
泡鳴五部作:03 放浪 (旧字旧仮名) / 岩野泡鳴(著)