“弘:ひろし” の例文
“弘:ひろし”を含む作品の著者(上位)作品数
堀辰雄1
岸田国士1
浜尾四郎1
“弘:ひろし”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
京城の帝大にはひつてゐる息子のひろしとは、よく姉弟と間違へられるのも不思議はない。
落葉日記 (新字旧仮名) / 岸田国士(著)
ひろしさんったら、女の子の加勢ばかりしていらあ。おかしいですぜ」とひやかした。
幼年時代 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)
葬式の日には、京城からひろしも帰つて来た。
落葉日記 (新字旧仮名) / 岸田国士(著)
肉親の弟清川ひろしの事なのです。
正義 (新字新仮名) / 浜尾四郎(著)