“弓端”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ゆはず100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“弓端”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 民間信仰・迷信[俗信]4.0%
歴史 > 日本史 > 日本史1.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
ここに初めてをとこ弓端ゆはず調みつき一四をみな手末たなすゑの調一五たてまつらしめたまひき。
神代紀に雀を碓女うすめとし、崇神朝に定めしみつぎに『男の弓端ゆはずの調、女の手末たなすえの調』とあり、万葉集に『稲つけばかゝる吾が手を今宵もか、殿のく子がとりてなげかむ』とあるのも、ともに古く女子が農耕者であったことを明白にしている。