“弁慶草”の読み方と例文
読み方割合
べんけいそう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
紀州の熊野ではカミナリグサ、あるいは弁慶草のことだという土地もあるが(有田)、これをえて置くと雷が落ちぬといっている。
熊谷草敦盛草弁慶草や雪の下がねえ、虹のように咲いていましたの。鳥が飛んでいるじゃありませんか。小さい沢山の高原雀がね。そうして熊の児が遊んでいました。
剣侠受難 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)