“大賊”の読み方と例文
読み方割合
たいぞく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
鼠小僧次郎太夫は、今年五月の上旬に召捕られて、八月の中旬に獄門になった、評判の高い大賊である。
戯作三昧 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
娘は山賊に捕われた事を、小児心にも知っていたけれども、言付けられて帰ったから、その頃三ヶ国横行大賊が、つい私どものへ入った時も、も言わないで黙っていました。
薬草取 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
その代り(再び笑う)——その代りわたしは一夜の内に、稀代大賊になれるのです。
報恩記 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)