“大胡座”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おおあぐら88.9%
おほあぐら11.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その向うには何でも適中るという評判の足和尚さんが、丸々と肥った身体に、浴衣がけの大胡座筮竹に構えて、大きな眼玉をいていた。
いなか、の、じけん (新字新仮名) / 夢野久作(著)
親父は大胡座を掻いて女のお酌で酒を飲みながら猿面なぞと言って女と二人で声を立てて笑う、それがに障ったのはむりもないと私にも考えられたが
父の出郷 (新字新仮名) / 葛西善蔵(著)
いや、料理して、大胡座魔神姿せたいな。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)