“大永”の読み方と例文
読み方割合
たいえい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
応永大永の昔から住んで来て、今に至るまでの祖先と現在のつながりを思う。
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
後柏原天皇大永年間、陸奥一円にかくれなき瀬越の何がしという大賊、仙台名取川の上流、笹谷峠の附近に住み、往来の旅人をあやめて金銀荷物押領し、その上、山賊にはめずらしく吝嗇の男で
新釈諸国噺 (新字新仮名) / 太宰治(著)
永正大永から享禄・天文にかけての約三十数年に、猪苗代兼載後柏原天皇・冷泉政為・牡丹花肖柏・宗長・三条西実隆が和歌連歌の世界を圧えていたが、まず政為大永三年に七十九を以て去り
中世の文学伝統 (新字新仮名) / 風巻景次郎(著)