“墨梅”の読み方と例文
読み方割合
ぼくばい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
京都の相国寺に維明といふ僧がゐて、墨梅を画くことを善くした。名は周圭は羽山と云つたのは此人である。茶山と波響とは始て維明が庵室に於て相見た。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
墨梅、八景の間、雉子の間、唐子の間など、もう画工は不眠で描いているし、も嫌う漆師は、朱欄や黒壁を塗りながら、わき目をふらず、職域に没頭している。
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
欄間壁障はすべて総漆、襖には、狩野永徳そのほか当代の巨匠をそろえての間、芙蓉の間、墨梅の間、遠寺晩鐘の間などと呼ぶにふさわしい彩管っている。
黒田如水 (新字新仮名) / 吉川英治(著)