“土団子”の読み方と例文
読み方割合
つちだんご100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
どうかあの倉のなかにある方々の土を加茂川の水でねて、その中へわしの屍骸を入れて一つ土団子をこしらへてくれ、そしてそれを三栗田で焼いた上
少年は餌の土団子をこしらえてくれた。自分はそれを投げた。少年は自分の釣ったの中からセイゴ二を取って、自分に対して言葉は少いが感謝の意は深く謝した。
蘆声 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
「おいらなんぞは濡れたっていいやな、土団子じゃあるめえし」
大菩薩峠:19 小名路の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)