“割羽織”の読み方と例文
読み方割合
わりばおり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
名主文太夫は、野半天割羽織に、捕繩で、御領私領の入れった十一か村の秣場を取り締まっているような人であった。
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
菅笠、割羽織を着けたひとり、岩のごとく道をいで立つかと思うと、威圧のこもった音声
鳴門秘帖:06 鳴門の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
見れば成程割羽織草鞋はばき、両刀に袋をかけた旅装でした。呉羽之介は振放しかねて
艶容万年若衆 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)