“剛邁”の読み方と例文
読み方割合
ごうまい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さすが剛邁な宮も、これへ来てからは、打ち沈んだお姿で、まったく物を仰せられない日が多かったといわれている。
天下の批議を所以なるをりてるか、又真に天下読書の種子の絶えんことをるゝか、亦孝孺の厳厲操履、燕王の剛邁の気象、二者わば、氷塊の鉄塊と
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
たとえば、年に生まれたるものは剛邁の気性を有し、年に生まれたるものは腕力を有し、年に生まれたるものは臆病なりというごとき類は、世間にてよくいうことであります。
妖怪学一斑 (新字新仮名) / 井上円了(著)