“利口者”の読み方と例文
読み方割合
りこうもの100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかし奇妙なことには、重吉は目から鼻へけるほどの利口者でしたが、六兵衛は反対に何をやらせても、のろまで馬鹿でした。
とんまの六兵衛 (新字新仮名) / 下村千秋(著)
つと名も吉之助と呼び實子の如く寵愛しけり或夜夫婦は寢物語に吉之助は年に似氣なき利口者にて何一ツ不足なき生れ付器量といひ人品迄よくもし者なり我々に子れば年頃神佛りし誠心
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
卑怯利口者であつた私
晶子詩篇全集 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)