“分難”の読み方と例文
読み方割合
わけがた100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
目も及ばざる広庭の荒たきままに荒果てて、老松古杉蔭暗く、花無き草ども生茂りて踏むべき分難し、崩れたる築山あり。水のれたる泉水あり。
活人形 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
急ぎて辿るうち最早全く足元さへも分難ければて用意の提灯を取出し火をいて丁稚音吉に持せ足を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
九月ノ事ナレバ夜寒シキリニシテ手足モヒヘ、草ノ露分難ク、急グトスレド道見ヘズ、ヤウ/\瓜生野マデゾ付ニケル、三人打向ヒ如何ガセント語レドモ、先ヘ可行道モナシ、隼人正申ケルハ
聞書抄:第二盲目物語 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)