“円筒形”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
えんとうけい66.7%
えんとうがた33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“円筒形”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
幸い持合せのちと泥臭どろくさいが見かけは立派な円筒形えんとうけいの大きな舶来はくらい唐墨とうぼくがあったので、こころよく用立てた。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
大きな円筒形えんとうけいの頭、がっちりした幅の広い肩、煙突えんとつを二つに折ったような腕——それが、のっそりと煙の中からあらわれたところを見ると、なんとそれはグロテスクな恰好かっこうをした機械人間ロボットであった。
超人間X号 (新字新仮名) / 海野十三(著)
盃は円筒形えんとうがたにて、燗徳利かんどくり四つ五つも併せたるおおいさなるに、弓なりのとり手つけて、金蓋かなふた蝶番ちょうつがいに作りておおひたり。
うたかたの記 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)