“内芸者”の読み方と例文
読み方割合
うちげいしゃ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
◎先代の坂東秀調壮年の時分、伊勢へ興行に赴き、同所八幡の娼家山半楼内芸者八重吉と関係を結び、折々遊びに行きしが、夜鰻をえ八重吉と一酌中、彼がの客席へ招かれた
枯尾花 (新字新仮名) / 関根黙庵(著)
これでも昔は内芸者ぐらいやったと云うを鼻に掛けて、臆面もなく三味線を腰に結び付け、片肌脱ぎで大きな口をいて唄う其のから、茶碗を叩く薬缶頭は、赤手拭のり鉢巻、一群大込から
後の業平文治 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
内芸者を二人揚げて呉んな
政談月の鏡 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)