“芸者衆”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
げいしゃしゅ66.7%
げいしゃしゅう33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“芸者衆”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「すっかり、ねえさんになっちまったな。まるで芸者衆げいしゃしゅだよ。」
濹東綺譚 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
犬は喰はねど煩悩ぼんのうの何とやら血気けっきの方々これを読みたまひてその人もし殿方とのがたならばお客となりて芸者を見ん時、その人もし芸者衆げいしゃしゅならばお座敷かかりてお客の前にでん時
矢はずぐさ (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
「いい芸者衆げいしゃしゅうですね。あれで、売れないんですか」
春の雁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)