“六臂”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ろっぴ75.0%
ろつぴ25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ト一人でさえ太刀打のむずかしい段違対手が、ここにと座を組んで、三面六臂となったので、青年は身の置場に窮した形で、汗をき、押拭い
三枚続 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
如意輪観音本来の姿は、六臂如意というとおり腕が六本あるが、そのうちの一手が軽く頬にふれていることは観心寺の像をみたとき私もはじめて知った。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
畔柳はこの手よりるる利のは、これを御殿の金庫に致し、半はこれをにして、鰐淵もこれにりて利し、にしてその利を三にせる家令が六臂
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)