“三面六臂”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
さんめんろっぴ66.7%
さんめんろつぴ33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
三左衛門は若党の手から紙包をって、それを仏像と首との間に置いた。仏像は眼のぎらぎら光る三面六臂の奇怪なものであった。
竈の中の顔 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
この娘は山方でも、家柄のいいところへ生れたのですが、労働をわないのみならず、労働に慣れておりましたから、ほんとうにここでは三面六臂の働きをします。
大菩薩峠:41 椰子林の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
或は牛頭、或は馬頭、或は三面六臂の鬼の形が、音のせぬ手を拍き、声の出ぬ口を開いて、私をみに参りますのは、殆ど毎日毎夜のことと申してもよろしうございませう。
地獄変 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)