健氣けなげ)” の例文
新字:健気
「よし、私の力を試してみよう」と、壓しつけられた曇天の日に、悲觀の沈みきつたどん底からさへも、人人は尚健氣に立ち上る。
宿命 (旧字旧仮名) / 萩原朔太郎(著)
地方から出て來た斯の姉さんでもお婆さんでも、小父さんを助けて、都會で自分等の運命を築き上げようとする健氣な人達でした。
激しい苦惱を、自分の胸一つに疊んだ、いぢらしくも健氣な姿——嫁のお信には、さう言つたし難い美しさがあつたのです。
本三位の卿の擒となりて京鎌倉に恥をせしこと、君には口惜しう見え給ふほどならば、何とて無官の大夫が健氣なる討死を譽とは思ひ給はぬ。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
年とつた製粉場主はランキン夫人からチエスタ孃の話を聞いて、健氣にも自活の道を立てゝゐるそのか細い、孤獨の娘に直ぐ心をかれるやうになつた。
水車のある教会 (旧字旧仮名) / オー・ヘンリー(著)
名も知られずに悲しげな白樺處女で通す健氣の木、わたしの悲しい心の
牧羊神 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
千登世は健氣に言つたが、圭一郎は情なかつた。
業苦 (旧字旧仮名) / 嘉村礒多(著)
まだ五十になつたばかり、元氣ものの叔母さんは、賃仕事などをして、健氣に後家を立て通して居ります。
健氣にも、はたましや。
牧羊神 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)