“仏教”の読み方と例文
旧字:佛教
読み方割合
ぶっきょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
むろん人間には、賢愚善悪大小高下、さまざまの等差があるので、仏教方便穴勝いものでもなく、いのりのわるいには
そして仏教叡山におけるがごとく、ここに教会堂を建て、十聖壇をまつり、マリヤの讃歌をたたえて、朝夕、南蛮寺のかわったが、京都の町へもひびいていた。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
恩なる観念はやはり儒教仏教から入ったものでなかろうかと疑いが起こって来る。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)