“二尾”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ふたつ50.0%
ふたを50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“二尾”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
和井内わゐない自慢じまんのカバチエツポのふとつたところを、二尾ふたつ塩焼しほやきでぺろりとたひらげて、あとをお茶漬ちやづけさら/\で小楊子こようじ使つかふ。
十和田湖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
野や丘にはひあるく二尾ふたをの蛇をうむ。
藍色の蟇 (新字旧仮名) / 大手拓次(著)