“万葉集”のいろいろな読み方と例文
旧字:萬葉集
読み方(ふりがな)割合
まんようしゅう66.7%
まんえふしふ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“万葉集”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
のみならず僕は彼がうたった万葉集まんようしゅうの歌以来、多少感傷主義に伝染していた。
彼 第二 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
万葉集まんようしゅう玉松たままつという形容語があるが、真に玉松である。
河口湖 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
勿躰もつたいなや古事記こじき舊事記くじき朝夕あさゆふらきて、万葉集まんえふしふ不審紙ふしんがみをしたる
暁月夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)