“万葉”のいろいろな読み方と例文
旧字:萬葉
読み方(ふりがな)割合
まんよう60.0%
まんにょう20.0%
マンネフ20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“万葉”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 風俗習慣・民俗学・民族学8.7%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
万葉まんよう』の歌人山辺赤人やまべのあかひとになりますと、自然の景色をうたうことが最も得意でありました。
俳句への道 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
いなと云へどふるしひのがしひがたり、ちかごろ聞かずてわれひにけり」と万葉まんようの歌人がうた通りです。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
万葉まんにょうには、赭土ハニすなわち、をとる広場すなわち、と解している歌もあるから、丹生の字面もそうした合理見から出ていると見られる。
水の女 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
飛鳥・藤原の万葉マンネフびとの心に、まづ具体的になつたのは、仏道よりも陰陽五行説である。
妣が国へ・常世へ (新字旧仮名) / 折口信夫(著)