“一游亭”の読み方と例文
読み方割合
いちいうてい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
時雨の庭をいだ障子。時雨の寒さを避ける火鉢。わたしは紫檀の机の前に、一本八銭の葉巻をへながら、一游亭の鶏のを眺めている。
続野人生計事 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
大正十二年八月、僕は一游亭と鎌倉へき、平野屋別荘の客となつた。僕等の座敷の軒先はずつと藤棚になつてゐる。その又藤棚の葉のにはちらほら紫の花が見えた。
一游亭と鎌倉より帰る。久米田中成瀬武川など停車場へ見送りにる。一時ごろ新橋着。直ちに一游亭とタクシイをり、聖路加病院に入院中の遠藤古原草を見舞ふ。