“ゑんざん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
塩山33.3%
遠山33.3%
鹽山33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
酒折さかをりの宮、山梨の岡、塩山ゑんざん裂石さけいし、さしの名も都人ここびとの耳に聞きなれぬは
ゆく雲 (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
がんの群今かへるらし雪のこる遠山ゑんざんの空をわたりて過ぎぬ
夢殿 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
酒折さかをりみや山梨やまなしをか鹽山ゑんざん裂石さけいし、さし都人こゝびとみゝきなれぬは
ゆく雲 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)