“わかくさ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ワカクサ
語句割合
若草85.7%
嫩草14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そして、しばらくたつとまた、若草わかくさをふいて、陽炎かげろうのたつ、はるがめぐってきたのであります。
お姫さまと乞食の女 (新字新仮名) / 小川未明(著)
若草わかくさいでかぜが、ならぬはるおくつてかほかすめる。
画の悲み (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
嫩草わかくさ青き「こりんず」の
花守 (旧字旧仮名) / 横瀬夜雨(著)
けむる嫩草わかくさ
三国志:02 桃園の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)