“みかがみ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
御鏡66.7%
御神鏡16.7%
神鏡16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
らは、ただちに内侍所(三種ノ神器をおく所)へすすみ、つつしんで神璽御鏡などを捧持して、早よう車のうちへしたてまつれ。……また公敏季房なんどは、供の用意を
私本太平記:04 帝獄帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
御神鏡がいつのにかえられてり、そしてそのには、形見の、あのなつかしい懐剣までもきちんとせられてありました。
すでに、賢所神鏡(三種の神器の一つ)も、こうなるまえに、北山の西園寺公宗の邸へひそかにしてあった。
私本太平記:08 新田帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)