“公敏”の読み方と例文
読み方割合
きんとし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
侍座洞院公敏が、すぐ叱りに立ったと思うと、細殿の西のでの出会いがしら、北畠具行のすがたに、ハタとぶつかった。
私本太平記:04 帝獄帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
公卿では花山院師賢、あぜちの大納言公敏、北畠具行、侍従の公明、別当実世烏丸成輔、さえもんの為明、左中将行房、ちぐさ忠顕、少将能定
私本太平記:04 帝獄帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
俄に南へいそいだ御車には、万里小路藤房、季房源中納言北畠具行、六条ノ少将千種忠顕按察ノ大納言公敏たちの諸公卿、ほか随身をいれても、わずか二十名前後。
私本太平記:04 帝獄帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)