“まくらことば”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
枕詞85.7%
冠詞7.1%
枕言葉7.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
けっして枕詞まくらことばでなく、四月しがつ意味いみするうづきの、自然しぜん景色けしき一部いちぶとしてゐます。
歌の話 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
枕詞まくらことばの「あしびきの」は「あしびき」と読みますが、これも「あしひきの」であって「ひ」というのは皆清音の仮名で書いてある。
古代国語の音韻に就いて (新字新仮名) / 橋本進吉(著)
御馴染甲斐おなじみがい打寄うちよす冠詞まくらことば前席ぜんせきから。
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「しなてるや」というのは、片岡山かたおかやまという言葉ことばかぶせたかざりの枕言葉まくらことばで、うた意味いみ
夢殿 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)