“まいきよ”の漢字の書き方と例文
語句割合
枚挙100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
の二品あり、別に白粉下おしろいしたといふものあり。さて頭髪かみには種類多し、一々枚挙まいきよいとまあらず、今本式に用ゐるものを
当世女装一斑 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
屈辱くつじよくかうむつたために自殺した女の話は、枚挙まいきよし難いといつてもよい。
日本の女 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)