“ほそびき”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
細引75.0%
細曳17.5%
細紐2.5%
細索2.5%
麻縄2.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
目をこらして、彼の降りて来た個所を見ると、格天井の隅の一枚が、ポッカリ黒い穴になって、そこから一本の細引がたれている。
吸血鬼 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
飯櫃を私の手の届かぬ高い処へ載せておいたり、私を蒲団の中にくるんで押入れの中に投げ込んだり、ある夜などは私を細曳手鞠のようにげて
大掃除の時にも彼は懐手をしたなり澄ましていた。行李一つげるにさえ、彼は細紐をどう渡すべきものやら分らなかった。
道草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
鹽「あなたも不憫と思召すならば、此の屍骸一人では持ってまいることは出来ませんが、此処に細索がありますから、これでげて吊りまして、鉄砲の差荷いで、一方担いではくれませんか」
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
清「よし、此奴細っこい紐じゃア駄目だ、なに麻縄い」
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)