“差荷”の読み方と例文
読み方割合
さしにな100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
見ると、二人は早桶を差荷いでかついでいる。このごろの弔いは珍らしくもないのですが、たれも提灯も持っていない。
半七捕物帳:59 蟹のお角 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
曳声を揚げて……こっちは陽気だ。手頃な丸太棒差荷いに、漁夫の、半裸体の、がッしりした壮佼が二人、真中に一尾の大魚を釣るして来た。魚頭を鈎縄で、尾はほとんど地摺である。
貝の穴に河童の居る事 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
鹽「あなたも不憫と思召すならば、此の屍骸一人では持ってまいることは出来ませんが、此処に細索がありますから、これでげて吊りまして、鉄砲の差荷いで、一方担いではくれませんか」
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)