“曳声”の読み方と例文
読み方割合
えいごえ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
希有ぢやと申して、邸内多人数立出でまして、力を合せて、曳声でぐいときますとな……殿様。
雨ばけ (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
曳声を揚げて……こっちは陽気だ。手頃な丸太棒差荷いに、漁夫の、半裸体の、がッしりした壮佼が二人、真中に一尾の大魚を釣るして来た。魚頭を鈎縄で、尾はほとんど地摺である。
貝の穴に河童の居る事 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)