“はしがき”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
端書50.0%
25.0%
序詞12.5%
序論12.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
良人の今までの例では、母にだけ来て、妻の自分には来ないで、母への文の端書はしがきぐらいにすましてあるようなことはある。
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
百夜もゝよしぢ端書はしがきにつれなき君を怨みわびて、亂れくるし忍草しのぶぐさの露と消えにし人、さては相見ての後のたゞちの短きに
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
はしがき
白蟻 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
はしがき
聖アレキセイ寺院の惨劇 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
で、私も便宜上、そういう約束に従って、序論はしがきとして、この『心経』の題号なまえについて、いささかお話ししておきたいと存じます。
般若心経講義 (新字新仮名) / 高神覚昇(著)