“とうぶん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
当分64.3%
等分28.6%
糖分7.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ついでにこのもおさんにあずけるから、遠慮なくまってさい。わたしたちは当分遠方へ行ってらさなければなりません。
一本のわら (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
着物すまでもなし、砂利松脂等分ぜて天日したものにならず。
山の手小景 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
博士、それは先生のお身体の工合ですよ。どこかどうかしていられるのです。糖分が出ているとか、熱があるとかでしょう。私には、十分うまいですよ。