“せんりゅう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
川柳80.8%
千柳7.7%
泉流3.8%
潜龍3.8%
閃流3.8%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
狂歌川柳せんりゅうの俗気を愛する放蕩ほうとう背倫の遊民にのみいうべからざる興趣を催させる特種の景色である。
散柳窓夕栄 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
和歌よりは俳句をよろこび、川柳せんりゅうになり、富本とみもとから新内節しんないぶしになった。
明治大正美人追憶 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
作者出雲いずも松洛しょうらく千柳せんりゅう等はこの権太によりて大物だいもつの浦、芳野山の様なる大時代の中に、一の世話場を現ぜしめたり。
さればカレイも邪視する魚と嫌うた物か[延享二年大阪竹本座初演、千柳せんりゅう松洛しょうらく小出雲こいずも合作『夏祭浪花鑑なつまつりなにわかがみ』義平治殺しの場に、三河屋義平治その婿団七九郎兵衛をののしことばに、おのれは親をめおるか、親を睨むと平目になるぞよ、とある。
その信長の声のする所、外にはせんかんと庭園の泉流せんりゅうがせせらぎ、向う側の幾坊のむねからは、折々、明るい女性たちの嬌笑きょうしょうが風に送られて来た。
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
深淵の潜龍せんりゅうという意味か、蛟龍こうりょうにひそむは伸びんがためというところか、とにかくそう称されている彼は、
剣の四君子:02 柳生石舟斎 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ムックリと身を起こしたのは案外体の小さい小童で、その影が飛躍すると共に、彼の手にある棒先の刃物はものが、水を振るようにキラキラと闇に閃流せんりゅうする。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)