“じふににち”の漢字の書き方と例文
語句割合
十二日100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
よりして、流言妖語はれ、十月十二日には、ち、兩水道ありと流傳し、市中騷動ふべからず、諸人ぐこと、ぐがし。
間引菜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
常飛脚三月より九月まで)の十日——滿八日十月より二月まで)の十二日——滿十日として、一日二十五里家業だとふ。
麻を刈る (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)