“じねんじやう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
自然生50.0%
薯蕷50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
木槿木槿にてもらず、木槿なり。自然生を、けて別々ふ。
寸情風土記 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
薯蕷九州山奥るまで石版画赤本ざるのなしとうごめかして文学功徳無量広大なるを当世男んど門並なり。
為文学者経 (新字旧仮名) / 内田魯庵三文字屋金平(著)