“しゅぎょうちゅう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
修行中50.0%
脩行中50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
岩屋いわや修行中しゅぎょうちゅうだれかの臨終りんじゅう出会であったことがあるか、とのおたずねでございますか。
それはそうとたき修行中しゅぎょうちゅうにも、ひとふたつのおも種子たねがないわけでもございませぬ。
累を突飛ばし、砂の中へ顔の滅込めりこむようにして、上から與右衞門が乗掛って、砂で息をめて殺したと云うが本説だと申す事、また祐天和尚ゆうてんおしょうが其の頃脩行中しゅぎょうちゅうの事でございますから、頼まれて
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)