“しぶかき”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
澁柿50.0%
渋柿50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
やはさんので、爐邊にある火箸取出しました。それで澁柿をあけました。くとじやうにその澁柿にくべました。
ふるさと (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
あるやがのお稻荷さまのからつてきなにくべまして、おいしさうな燒栗のにほひをさせてますと、それを爐邊ましさうに澁柿がありました。
ふるさと (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
とその澁柿ひました。
ふるさと (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
もし渋柿同人中でこれを試みようという篤志家を見いだすことができれば大幸である。以上はただそういう方面の研究をする場合に役に立ちそうだと思われる方法の暗示に過ぎないのである。
連句雑俎 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)