“さつまいも”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
薩摩芋52.9%
甘藷26.5%
薩摩薯8.8%
薩摩藷5.9%
甘薯2.9%
薩摩2.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
第百三 薩摩芋プデン 前の通りで出来ます。芋なぞは繊維が多くって外の料理では病人に向きませんがこうすると食べられます。
食道楽:冬の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
小さな梨、粒林檎は生のまま……うでたのは、甘藷とともに店が違う。……奥州辺とは事かわって、加越のあの辺に朱実はほとんどない。
茸の舞姫 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「これは一等賞を取った薩摩薯だ、一つ食べて見てもらい度い」
お住はよちよち流し元へ行き、惣菜に煮た薩摩藷を鍋ごと炉側へぶら下げて来た。
一塊の土 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
冬は釜底阿弥陀にかぶり、焦茶毛糸の襟巻、中には樺色のい毛糸の手袋をして、雨天には簑笠姿で、車の心棒に油を入れた竹筒をぶらさげ、空の肥桶の上に、馬鈴薯甘薯の二籠三籠
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
名高い狒々のいた近辺に、母と子との猿を一しょに入れてあるがあって、その前には例の輪切にした薩摩芋が置いてある。
牛鍋 (新字新仮名) / 森鴎外(著)