“薩摩藷”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
さつまいも100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“薩摩藷”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
お住はよちよち流し元へ行き、惣菜そうざいに煮た薩摩藷さつまいもを鍋ごと炉側へぶら下げて来た。
一塊の土 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
どうかなと案じながらも、祖母が私を残して帰った時、晩にはいもを煮て食べさせて上げると云って、叔母は屋敷つづきの畑へ私を連れ出し、薩摩藷さつまいもを掘って見せた。
御萩と七種粥 (新字新仮名) / 河上肇(著)